2007年04月08日

1日何回見ます?

朝会社で1回目。
昼携帯で2回目。
寝る前に3回目。
結構見てるし、役にたつ。  
【関連する記事】
posted by hitan at 01:28| 広島 ☔| Comment(22) | TrackBack(0) | 365録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

サノモトハル

――始まりは、80年にリリ-スされたシングル「アンジェリーナ」だった。スピード感のあるロック・ビートに、都会で生活する若者の憂えた感情を描いた歌詞は、彼自身の「日本語えいご的な歌唱法」と共にまったく新しいタイプのロックとして、当時のポップ・シーンに受け入れられた。そして「ガラスのジェネレーション」、続く「サムデイ」でその世界観を完成させるものの、その場所に安住せずアルバムごとに時代のトレンドや音楽嗜好を投影させ、つぎつぎと新機軸を打ち出していく。
巨匠大滝詠一、杉真理との『ナイアガラ・トライアングルVol.2』でのマージー・ビートの追求、ヒップ・ホップの現場ニューヨークでの単独生活、ハモンド・オルガン奏者ジョージ・フェイムとのレコーディング・セッション、そしてジョン・サイモンをプロデューサーに迎えたウッドストック録音など、佐野元春がポップスの本質を探る旅は世界を股にかけて行われた。そう、彼は音楽における冒険者なのだ。
さらに、94年に長年パートナーを務めたバンド、ハートランドとの活動にピリオドを打ち、新たにホーボーキング・バンドを結成。それはこれまでの直線的なビート・ロックから70年代アメリカン・ロックを意識した泥臭いグルーヴへの鮮やかな転身だった。前述したウッドストック録音の『The Barn』は、彼とバンドの最大の成果といえるだろう。
また、この頃からアルバムやライヴなどで東京スカパラダイスオーケストラやプレイグスといったバンドと世代を超えた共演をしたり、『THIS』というイヴェントを開催し、若手バンドを積極的に紹介していく。こうしたことから彼は「伝えられる側」から「伝える側」へ成熟したといえるのかもしれない。そして佐野元春の旅は続く……。
posted by hitan at 21:19| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 365録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

イチオウ

まぁー最初なので、このブログができた由縁とやらを。
@継続はチカラナリ、もう30だし。
Aそれなら365日やらんといけんね。
Bつまり毎日なんかしら続けれること?
C日記?いやセンスねーな。
Dそれならダイエット?だって、ラーメン二郎食べたいもんね。
E毎日やれることって?
Fオナニー?
G30のくせに10代の時より増えてるといえないでしょ。いや、いえる。
Hパソコンなら毎日触るし。ちんちん。
Iそんなら、ブログとやらを。
Jでも、なんか俺暗いな。
Kやっぱり、どーせ止めちゃうよな、どっかで。
Lでも、イチオウ365日を記録する。しかも、超私的に。
Mだったらタイトルだけでも、それなりに。
N私的なことしか書けないので、かっちょよく言える名前がいいな。
Oてきとーにゴロのいいやつで。
P365日、記録を続ける!?から~ぁ。
Q5分後に。いよいよ
R『サンビャクロクジュウゴロク』⇒365録誕生。

そんで一発目なので、大げさに言うと座右の銘を紹介します。

だけど、実は、口癖。
言葉遣いがもともと良くないので。

自分の中では品のある言葉だと思ってる。


やまないはないじゃない
 

立ち止まりそうになったとき、案外、この言葉で走れちゃう。
ただ、注意。明けない夜があることを発見。今は、そのことに夢中。

みなさんは、どんな言葉に助けられたり、興奮したりしてるんかな?

ネットでこんなものを発見。どうすか?

posted by hitan at 02:22| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 365録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。